精密機械加工 株式会社花岡鉄工所

ごあいさつ

地域の未来を担うモノづくり企業としての誇りを胸に
全社の一体感を大切にチャレンジと進化を続けてまいります。


当社は、昭和24年創業以来、一貫して精密機械部品加工を柱に、高精度の製品加工に携わってまいりました。株式会社日本製鋼所 広島製作所様の協力会社として、ミクロン単位の精度が求められる防衛機械関連部品製造に注力してからは、約半世紀に及ぶお取引をいただいており、厚い信頼をいただいているものと自負しております。近年では、射出成型機部品製造を2本目の柱とすべく技術研鑽を進め、幅広いご用命にお応えしております。
デジタル化、情報化が急速に進行する時代にあって、精密機械加工の分野でも、技術革新は日々、めまぐるしく進んでおります。当社は、社員十数名の小さな町工場ではありますが、モノづくり県広島の誇りを胸に、互いの情熱をよい刺激にしながら、切磋琢磨し迷いなく、時代の先端を並走しております。
今後とも、みなさまよりいただいたこれまでのご厚情に感謝し、新しい出会いをエネルギーにして、精進してまいります。次なる100年企業をめざし進化する花岡鉄工所に、ご期待ください。代表取締役 花岡 耕平

企業理念

少数精鋭のモノづくり企業としての誇りを大切に、社員をはじめ、すべてのお客様の幸せづくりに寄与し、ひいては地域社会の発展に貢献できる企業をめざします。

  • 社員のやりがいを最大限に引き出します
  • わたしたちは利益追求だけを目的としません
  • 取引先企業様、協力会社様、社員が喜びを共有できる
    企業をめざします

わが社の強み

永年の防衛機械関連部品製造で培われた経験と時代に合った新しい技術力をあらゆる場面で発揮します。


  • 多品種少量生産
    超精密加工

    各種精密機械部品は、お客様の要求に合わせ機能や形状が異なり、少量ずつ作ることが求められます。これを実現するために、多彩な工具を適材適所で利用するとともに、工具の能力を引き出す治具を自社で独自開発しています。こうしてお客様が要求するミクロン単位の公差(製品の完成度において許容される誤差の範囲)を実現。緊張感のある作業環境を創造するなかで「寸法どおり」「納期どおり」を継続し、「信用と信頼」を築いてきました。


  • 伝統と革新
    確かな技術力

    戦後、日本のモノづくりは「伝統と革新」の両面で日本の発展をけん引してまいりました。特に、広島県においては造船・鉄鋼・自動車を軸にモノづくり県として成長。当社も、その一翼を担うべく誇りをもって業務を推進してまいりました。70年の社歴の中で培われた伝統的な作業工法を大切に継承しつつ、日進月歩といわれる新しい技術にも決して目を背けず、むしろ敏感になって取り込むことで、他社との競争力を高め、時代に合った製品を作り出し続けています。


  • 少数精鋭の職人集団
    チームワーク

    当社の社員は、オペレーターではなく、一人ひとりがエンジニアであり、クリエイターです。「発想力が豊かな人」「情報収集力に秀でた人」「手先感覚の細やかな人」など個性派集団でもあり、そんな個性を大切にしています。それぞれが持つ技能や情報を共有し、連携することで、より大きな力となって機能しているのがわたしたち花岡鉄工所なのです。ときに「勉強会」を開き、一体感の中で個々の、そして会社の成長を図っています。